えむろぐ

全通バンギャルのひとりごと

平成最後の夏ラストデー

 平成最後の夏の日そして平成最後の夏に何をしましたか?何をしていましたか?

振り返ってみたいと思う。

 

 

 

 

  • いつからいつまでが夏なの?

夏 - Wikipedia

 

 Wikipediaによると一般的に6月から8月の3ヶ月が夏のようです。

 

 

  • 平成最後の夏の日

 平成最後の夏の日は8月31日金曜日でした。

いつものように出勤して退勤しただけなので残念ながら特にエピソードはありません。

でも当たり前の日常を過ごせるってとても幸せなこと。

 

 

・平成最後の夏

 こちらはわりと書くことがある。

 大げさにインパクトがあるように書くと日本を一周半していました!笑

札幌にも行ったし博多にも行きました。それよりも2014年ぶりの東北めぐりがとてもとても楽しかった。仙台も郡山も秋田もまた行きたいなあ。一乃穂のしとき豆かきを買いに秋田へ行きたい。程よい塩味で絶品でした。

 5月下旬から6月上旬は3マンツアーで東北3県+東名阪。6月下旬はリリース週間(インストアイベント)で都内。7月~8月は夏の全国ツアーで1道1府8県1都。

 自分で言うのもおかしいかもしれないけどわりとパワーあると思う。元気で健康なのが取り柄。全通するには何十万というお金がかかる。次の冬ツアーも全通する予定なので全出費を公表しようと思っている。どこの界隈にもいわゆる全ステや全通している人は存在するだろう。夜勤がある仕事をしていたり、夜のお仕事をしていたり、自営業だったり、シフト調整をしていたり、無職だったり、学生だったり、ケースバイケースだと思う。でもこの時代に好きなものにお金を使えるってとても素敵じゃないですか?

 

①5月31日から6月4日 仙台→川崎→山→秋田

 何度振り返っても仙台と郡山の間に川崎が入るのか理解不能

 わたしはDという非常にインターネットで検索しにくい名前のヴィジュアル系バンドに通っている。どの検索エンジンで『d』と検索しても公式ホームページはドコモのdポイントクラブと並んで上位に出てくるのですが、公式ホームページ以外はほとんどヒットしないので何かを調べたいときとても大変。ちなみにDのボーカルでありリーダーでありメインコンポーザーのASAGIさんは長年のドコモユーザー。今はドコモでiPhoneを契約してインターネットの光回線もドコモ光を使っている。まあわたしの本命推しです。そしてわたしもドコモユーザーでドコモ光を使っている。AndroidというかXperia派でスマートフォンタブレットXperia。ただもうSONYからタブレットは出ないようなのでiPadProがほしいこの頃。LINEスタンプに参入したい。

 バンドは3マンライブ。ボーカルが東北出身という共通点で不定期に行われている東北三兄弟主催イベントツアー。長男:ASAGI(D)、次男:樹威(GOTCHAROCKA)、三男:yo-ka(DIAURA)。出身地が近い!という括り嫌いじゃないなあ。

 前置きが長くなりましたがD(バンド)で東北めぐりをしている中、なか日空き日に浅葱(ソロ) 名義で対バンイベントをぶっこまれた。これが謎日程の結論。わたし、参加したバンギャルさん、ASAGIさん、サポートメンバーさん、スタッフさん移動お疲れ様でした。

 あ!次回のソロヴィジュアルが公開されてとてもかっこいいのでよかったら見てください。きつねきつね。ちゃっかり宣伝。動員増えてほしい。

サポート陣がとても豪華。ヴィジュアル系に疎い方々でも分かるひとばかりで一ファンとして嬉しい限り。

 

youtu.be

 

②6月7日と6月8日 名古屋→梅田

 約2万8000円の節約名阪遠征

  • 地元→東京 普通電車 1500円
  • 東京→名古屋 JR高速バス 3000円
  • 名古屋泊 ファーストキャビン 2000円
  • 名古屋→ 大阪 ウィラー高速バス 2500円
  • 大阪→東京 JR高速バス 5000円
  • 東京→地元 普通電車 1500円
  • チケット代 4000円×2
  • ドリンク代 500円×2
  • 食費 3000円

内訳はこんな感じ。

 久しぶりに学生の頃に戻ったような高速バスオンリーの節約遠征楽しかった。

 いずれ人生初遠征のことも書こうと思っているけど、関東住みで初遠征の地をどこにするか迷っている人がいたら名古屋か仙台をおすすめしたい。行きは昼バスで帰りは終電新幹線か一泊して昼バスがいいと思う。ちなみにわたしの人生初遠征は大阪でした。エスカレーターの乗車位置が逆なだけで怖かった。

 

③6月15日 新宿

 クレジットカード行方不明

 予定より早く着いたのでお洋服を見たりコスメを買ったり。荷物整理をしてロッカーに荷物を預けようとしたときにとあるクレジットカードがないこと気付く。しかも銀行口座と一体型。再発行まで3週間かかりそのあいだ窓口ではんこを押して下ろす羽目になってとても不便でした。気付いた時点でJCBに電話したわけですが登録電話番号を言っただけで、6枚くらいのカードの名前を言われ笑う。確かにデビットカード含めるとそのくらいあるかも。

 結局カードは見つかりました。とあるお店で買い物したときに貰い忘れるわたし、渡し忘れる店員さん。百貨店だからと安心しきってました。皆さまもクレジットカードの貰い忘れにはご注意くださいませ。

 この日は3マンのファイナルでした。

 

④6月22日 大宮

 BEAT SHUFFLE公開生放送

 関東住みで好きなヴィジュアル系バンドがあってライブハウスやV系専門店で行われるインストアイベントに行く勇気がない人はビッフルを見に来ればいいと思う。事前抽選で当日まで整理番号分からないし、大宮駅前のアルシェに入っているHMVの中で行われるので行きやすい。

 わたしも初現場はNACK5TOWNの頃のBEAT SHUFFLEでした。

 

⑤6月26日から7月1日 池袋・新宿・渋谷

 インスト週間東京6days

   毎日夕方から夜にかけて東京通い。池袋、新宿、渋谷を行ったりきたり。

インストアイベント=リリースイベント。イベントのためだけに東京へ行き、とんぼ返りをしていたので特筆することはありません。

 

⑥7月7日と7月8日 新横浜→町田

 ツアー初日+インスト

 栃木住みのわたしは新横浜でライブがあると泊まるか日帰りにするか迷う。今回は翌日が町田だったので、東横イン町田駅小田急東口に泊まることにした。次の日朝ゆっくり寝れたので正解でした。

 新横浜駅キュービックプラザに六厘舎がやっている『舎鈴』というラーメン屋さんがあるのですが、一人でも入りやすくお手頃な価格で美味しくてライブ帰りによることが多い。最初の頃は新横浜ラーメン博物館に行ったり、横浜中華街に移動したりしていたが回数を重ねるうちに移動するのが面倒になった。わたしのおすすめは半熟卵の油そば。お値段も500円くらい。薬味でゆずがあるのでそれを加えて食べるのが好き。
f:id:emu_xm:20180910204244j:image

  人生二回目の町田。すごく既視感があると思ったらわたしが学生時代4年間お世話になった北千住という町に似ている。誰か共感してくれる人いないかなあ。普通にお買いものを楽しんじゃった。もし東京に住むことがあるなら北千住か高田馬場に住みたい。

 

 ⑦7月14日から7月18日 広島→福岡

 豪雨で悩んだけど行くという選択をする

 東京→広島の東海道新幹線は平常運転に戻っていて、広島駅と八丁堀周辺はいつも通りの生活を送っているとのことで予定通り行くことにした。結論からいうと行ってよかったと思っている。宮島でロープウェイに乗ったり、牡蠣を食べたり楽しかった。観光収入で生活している人もいるわけで、交通網とライフラインが復旧しているなら自粛せず現地に行って現地の食べ物などにお金を使うのもいいことだと思う。

 いつも通り広島バスセンターから博多駅まで広福ライナーという高速バスで移動。途中車窓から見える景色は胸が痛くなるものだった。

 天神ビブレに『TeaWay』というタピオカジュースのお店があって、もちもちとした大粒のタピオカが美味しい。関東進出しませんか?

 

⑧7月21日と7月22日 仙台

 一泊わりと強行スケジュール

 仙台はナインアワーズ仙台というカプセルホテルに泊まることが多いのですが、土日だったからか約5000円。綺麗清潔シンプルで女性専用フロアがあって、好きなカプセルホテルの一つ。でも個人的にはカプセルは3000円まで。それ以上払うなら5000円出してビジネスホテルに泊まる。

 気まぐれで仙台港アウトレットに行きました。中野栄駅から徒歩15分くらいなので車が無くても行きやすい立地。仙台から移動しやすいところだと松島や長町に行くこともある。あとは牛タンとずんだを食べてました。

 

⑨7月24日から7月26日 札幌

 奮発してクラビーサッポロ

 4年ぶり?くらいに泊まった。シャワーとバスタブが別で高級感ある。朝食も北海道名物があってザンギなどもある。地味に美味しい牛乳が飲めるのも嬉しい。部屋に自由に使えるスマートフォンがあって、街中を散歩するときのグーグルマップ用にした。ライブハウスcube gardenと道はさんで隣なのもありがたい。

 札幌で絶対に食べるものがあってそれは生牡蠣。二条市場に行くと厚岸産大粒の生牡蠣をその場で食べることが出来て、お値段も350円くらいでとても良心的。小ぶりなものは一皿(約5個)で1000円だったり。

 地震のニュースが流れたとき母の第一声が「厚真町ってどの辺りなの?」で「隣接するのは苫小牧と日高かなあ。苫小牧なら聞いたことあるよね?千歳からも札幌からもそう遠くないし、しいていえば札幌よりも千歳寄り」と答えていた自分がいた。札幌から新潟にフェリーで行く場合、小樽港フェリーターミナルか苫小牧フェリーターミナルから乗船することになる。名前は苫小牧フェリーターミナルなのに最寄駅は浜厚真というところ。過去に知らずに浜厚真駅から苫小牧フェリーターミナルまで歩いてしまったことがありますが、よく熊が出るため徒歩で向かっては危険なようです。遠征バンギャルなら分かる話のはず。

donation.yahoo.co.jp

手持ちのTポイントで寄付してきました。

 落ち着いたら稚内と網走に行きたい。

 

⑩7月28日から7月30日 新潟と金沢

 行き帰り新幹線で東横イン金沢香林坊に二泊

  • 宮田酒造〆張鶴の梅酒 糖度が高い期間限定品

  • 廻転寿司新潟弁慶 新鮮お手頃な佐渡の地物

  • 甘味丸屋茶寮 吉野葛を使ったくずきり
  • もりもり寿司 のど黒のおみそ汁とホタルイカ
  • フルーツパーラーむらはた フルーツパフェ各種
  • 加賀麩司宮田 即席おみそ汁おすまし玉手箱

新潟金沢で個人的に外せないグルメを箇条書きにしてみた。

 

 宮田酒造の〆張鶴の梅酒はぽんしゅ館新潟駅前店では取扱ないので要注意。わたしはへぎそばの須坂屋で頂いて甘さに嵌まる。廻転寿司新潟弁慶はピア万代に出店している佐渡の回転寿司屋さん。佐渡産活タコ190円など、お手軽な価格でとても新鮮なお魚や貝類が食べられるお店。このあいだ40分待った。土日は並んでいるけど番号札もらって待つ価値がある。古町にある丸屋茶寮はくずきりがおすすめ。わたしはミニサイズのくずきりと季節の生菓子を食べることが多い。

 もりもり寿司はハズレがない。今回食べた中ではのどぐろ味噌汁とほたるいかが美味しかった。個人的に金沢フォーラス店行きがち。フルーツパーラーむらはたはボリューミーで新鮮なフルーツパフェお手軽価格で食べれる。加賀麩司宮田 即席おみそ汁おすまし玉手箱はわたしがお麩が好きなので。薄味で好き。金沢駅のあんとで購入できる。

 

⑪8月3日から8月7日 大阪と名古屋

 青春18きっぷ使い切る

 約一か月ぶりの名阪。やっぱり年間を通して一番来る回数が多い土地。行きは東海道新幹線で向かったのですが、京都で途中下車をし錦町市場へ。朝起きた瞬間行きたくなってたこ焼きや変り種のお餅を食べた。佰食肉寿司専科というお店が気になるので次行こう。阪急京都線で梅田へ。ちなみにたこやきは心斎橋の水曜日の国のアリス近くにあるわなかに行くことが多いんだけど、椅子とテーブルがあって落ち着いて食べることができて気に入ってる。夜JR普通電車終電で名古屋まで。

 名古屋での一食目はずーっと気になっていた鳥開。次回行くときは手羽先と焼き鳥をたくさん食べたいなあ。日曜日のエスカのランチ男性客ばかりだった。大須商店街にある松屋コーヒーのレモンスカッシュも昔ながらの味でまた飲みに行きたい。最後は鈴波の銀だら定食。最近名古屋行くと一食は鈴波。

 インストアイベントの後に一泊後泊をして青春18きっぷで地元まで帰る。やっぱり年に一度は青春18きっぷの旅がしたくなる。

  • 1回目:地元→仙台
  • 2回目:地元→札幌 途中飛行機でワープ
  • 3回目:札幌→地元 途中飛行機でワープ
  • 4回目:新大阪→名古屋
  • 5回目:名古屋→地元

程よい距離の鈍行旅楽しい。

本当は新潟行きで使う予定が起きられず。 f:id:emu_xm:20180911212832j:plain

 

⑫8月11日 埼玉

 さいたま新都心にあるライブハウスへ。電車で向かってライブ見て電車で帰宅しただけ。

 

⑬8月29日 赤坂

 ライブ開演が19時で終演が22時。その後の特典会も参加したかったので久々にミッドナイトマロニエ号も覚悟していましたが、何とか23時10分発の新宿31号に乗れてよかった。バス乗るときにわたしが持っていたリトルハーツの袋を見て「え?バンギャ?」とぼそっと言った女の子が居て可愛かった。あの女の子はどこギャだったのでしょう。

 ライブ前に上島珈琲で飲んだ期間限定のココナッツ珈琲が美味でした。席にコンセントがあったので、スマートフォン充電しつつお手紙書けて良かった。

 

 

  • 参考にさせて頂きました!

talking-tshirts.com

 

 

 

 

 平成最後の夏は3マンライブがあったため例年より飛び回って、月日が流れるのが早かったです。

 3日かけて約5800字書いてみた。内容のある記事が書けているといいなあ。

 

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 もしよかったらまた遊びに来てください。